まどかまぎか パチスロ

まどかまぎか パチスロ

「…………良く考えろ

お前の可動域で、洗浄が出来ると思うか?」「むが!ゆるすまじ!」「洗浄剤の魔術と、その笛を覆っていた封印や穢れのようなものが、上手く反応したのではないかな?くすんでいたのなら、その時まではこの笛は内側に蓄えた魔術を使えない状態にあったのだろう」「ふにゅ

あなたも好きかも:スロットマシン ルール
私のごしごしで綺麗になったわけではなかったのですね………

…………そ、そう言えば、売り手の店主さんは、吹いても何も起こらないと仰っていました……………」すっかり綺麗になってしまったので、その笛に何が起こっていたのかはもう分らない

あなたも好きかも:東京 パチンコ 新宿 アラジン
だが、本来の力や魔術を封じられ、その結果誰にも探し出せずにいた可能性は高いという結論に落ち着いた

どのような経緯でか、海竜の至宝は、影の国に住む人間の一族に代々人魚の笛として伝わっていたようだ

「もしかしたら、言葉や認識の呪いだったのかもしれない」そう呟いたシェダーに、アルテアが頷く

あなたも好きかも:パチンコ レイヴ 保留
「認識の呪い?」首を傾げたネアに、アルテアが解説してくれた

「言葉や認識には魔術が深く強く紐付く

大抵の呪いや術式は、そのどちらかを軸にするくらいだからな

その笛は、持ち主達に散々人魚の笛だと言われたせいで、本来の海竜の至宝としての力を封じられたのかもしれないな」「ほわ、…………ご店主のお爺様には、カワウソだと言われていたようです

こんなに竜さんな笛なのに可哀想な笛だったのですね…………」ネアは購入した時から、竜の形をしていると思っていた

ディノから、そんな持ち主の認知行為も、この笛の封印が解けたことに一役買っているのかもしれないと言われ、ネアは誇らしい思いできらきら光る笛を眺めた

「この笛を、吹いてみたのかい?」「ええ

ゾーイさんを襲っていた竜さんに向けて吹いたら、お座りしました」「お座り…………

海竜達を従えるような力があるのかもしれないね」「まぁ、そんなに大事なものだったのですね……………」「あわいでのイブは、至宝そのものが海竜から失われているとは話していなかった

彼がいなくなってから失われたのだろうけれど、このような状況にあったのなら、それで良かったのかもしれないよ」深く青く、美しい海の光が天井から差し込む