ドラクエ6 スロット 77777 確率

ドラクエ6 スロット 77777 確率

 このグラン=シャトルの戦闘中、ラ・ブリ農場を占領していたB軍の2個中隊は、農場の南方に砲列を敷いて西へ進むB第1旅団の側背面を砲撃し始めた仏軍の1個砲兵中隊を発見します

あなたも好きかも:クイーンズブレイド パチンコ 319
B軍2人の中隊長、ゴルヒ大尉とマイヤー中尉は示し合わせて直ちに出撃し、この砲列を襲って仏砲兵を駆逐すると砲6門全てを鹵獲する手柄を上げました

しかし若い2人のB軍士官が大手柄だと喜んだのも束の間、西から仏の1個大隊が突進し、倍する敵に銃剣白兵格闘戦にまで及んだB軍2個中隊は奮戦空しく、包囲される前に砲を棄てて退却したのでした

あなたも好きかも:関乱カグラ スロット 天井期待値
ミトライユーズの砲撃 グラン=シャトルの戦闘が終結した頃、B第2師団の増援がすぐ北方まで進んで来ます

 この部隊はB第3旅団で、B第2師団を代理指揮するB第4旅団長の男爵フーゴ・カール・ルートヴィヒ・フォン・ウント・ツー・デア・タン=ラートザームハウゼン少将*が同7日午前10時30分、師団をユイッソーに集合させた際に師団前衛とされたもので、旅団は先鋒部隊をグレノー(農場

バコンの南南西1.8キロ

現存します)を経由してヴィロエリー(農場

グラン=シャトルの北北西1.8キロ

現存する3軒並びの農家一番南)まで進め、B野戦砲兵第3連隊の6ポンド砲第5中隊を前面に出してちょうどクラヴァン(ル・バルドンの西南西6.1キロ)へ退却しつつあった仏軍縦隊を砲撃させます

 この日は第二線後続として進んでいたB第2師団は午後4時、所定の宿営地で宿営に入ろうとしたところ、グラン=シャトルの戦闘が発生し、同時にB第1師団から増援要請が届いたため、フォン・デア・タン師団長は日没時前に本隊へ合流していた第3旅団を再びヴィロエリーまで進めましたが、既に遅く戦闘は終了していたのです

あなたも好きかも:蒼天の拳 天授 パチンコ
 この夜、B第2師団は前哨線をロネイ(クラヴァンの北2.5キロ)からレ・バンシェ(農場

ロネイの北3.6キロ)間に敷いて警戒し、この農場で普第22師団との連絡を取りました

※セダン戦などの功績でリッターの称号と中将位を授けられたヨーゼフ・マクシミリアン・フリードリン・リッター・フォン・マイリンガー中将(B第8旅団長)は、緒戦から師団長が病気不在だったB第2師団長に正式任命されパリ包囲網からオルレアンへ向かいますが、道中仏義勇兵が跋扈する後方連絡線の混乱等によって未だ戦場に到着出来ず、軍団長の弟カール・フォン・デア・タン少将が赴任までの間指揮を代わりました

バイエルン歩兵の突撃 普第22師団はこの7日正午、ビナ(ウズーエ=ル=マルシェの西5キロ)付近に進んだ普騎兵第4師団の後方(東)に位置するため、ウズーエ=ル=マルシェへ進みこの日はここで待機に入ります

 普軍騎兵師団の方は早朝西への進撃を開始し、敵の去ったウズーエを経由してビナを易々と占領すると強力な斥候多数を前三方に放ち、各斥候隊はビナの西方マルシェノワールの森周辺で仏軍の強力な部隊と遭遇、一部は短時間の交戦に至りました

師団長で王末弟のアルブレヒト親王は正午から午後1時の間に、マロール(ビナの南南東3.8キロ)に前遣されていた普騎兵第10旅団の援護下、師団所属の砲6門(野戦砲兵第11連隊・騎砲兵第2中隊の2個小隊と、同第5連隊・騎砲兵第1中隊の1個小隊)を使って森周辺で目立つ仏軍の歩兵縦隊や、森の縁に砲列を敷き盛んに砲撃して来る仏軍砲兵数個中隊に対し砲撃を行わせます

 しかし再度斥候から「マルシェノワールの森北縁に強大な敵兵力が存在する」との報告が上がって来たため、アルブレヒト親王は「これ以上歩砲兵の増援がない状態で敵と対峙するのは甚だ危険」と判断し、午後3時30分、戦闘を切り上げさせると全部隊を後退させ、その後仏軍の妨害を受けることなくモレ街道(現・国道D357号線)の北方で宿営を確保すると警戒しつつ休息に入りました

マルシュノワールの森12月7日~マロールでバイエルン猟兵を救う普胸甲騎兵 一方、新たに大公軍傘下となった北独第25「ヘッセン大公国(H)」師団はロアール川左(南)岸で大公軍よりほぼ1日先行して行軍し、6日にクレリ=サン=タンドレ(ムン=シュル=ロアールの東4.5キロ)、翌7日にライイ=アン=ヴァル(ボージョンシーの東4キロ)まで進んでいます

 この7日、師団の右(北)翼支隊にあったH野戦砲兵・軽砲第3中隊は、激しい戦闘が望見される対岸のムン(=シュル=ロアール)の西郊に対して砲列を敷くと、仏軍陣地に対して砲撃を開始しましたが、さすがに距離が離れ過ぎ(5キロ以上と思われます)だったため効果はなく、直ぐに諦めて行軍を再開しています