インダクタンス スロット

インダクタンス スロット

支払いが終わったら、早速取りかかるぞ」「それよりも、シグルンから手紙だ」「おっ、ありがとな

今読むからちょっと待ってろ」 ジャンク屋のガレスは封筒を素手で乱暴に破くと、中から便せんを取りだして読み始めた

「かーっ! エンジンの組み立ても俺がやるのかよ! まあ、そりゃそうだよな

トラックの荷台なんかに丸ごと載るわけがなかったわ

がはは!」 ガレスが手紙を読んでいる間に、俺は携帯端末で宇宙船製造の発注をしておく

あなたも好きかも:武蔵新城 スロット
料金は前払いのようで、あれだけ貯めたお金が一気になくなってしまった

あなたも好きかも:運命の ルーレット
「それじゃあ、製造に取りかかるぜ! と言いたいところだが、宇宙船は基本、軌道エレベーターより上で使うもんだ

軌道エレベーター近くの宇宙ステーションに普段は停めておいて、必要な時、業者に頼んで軌道エレベーターまで持ってきてもらう運用の仕方だな

なので、製造は軌道エレベーターにある俺の工房でやるぞ!」 うわ、この人、軌道エレベーターに工房なんて持っているのか

実はすごい人なんじゃないか?「そこで、お前に仕事だ

ここにある宇宙船の材料を軌道エレベーターまで運ぶんだ

あなたも好きかも:忍び魂 パチンコ
何往復にもなるが、軌道エレベーターからの帰りにこの店まで資材を運んでくれるなら、手間賃くらいは払ってやる」「おっけー

今、懐(ふところ)が寂しいからな

仕事は大歓迎だ」 携帯端末に来た依頼を俺は了承する

「んじゃ、まずはそのトラックに積んである、核融合エンジンと超高速ドライブ装置をそのまま運んでくれや

俺はバイクで先に行っているぜ」 ガレスは一方的にそう言い、ごっついバイクに乗ってこの場を去っていった

 シグルンに似た濃いキャラしているよなぁ