騎射場 パチンコ

騎射場 パチンコ

 どうやら初めて聞いたようだった

あなたも好きかも:3章 カジノ
 それを聞いたゼロは、しばらく悩む様子だったが、すぐに真剣な顔になって言った

「俺、テイマーになりたい

だから、もしチャンスがあるなら、その人のいう事を聞いてみたい

・・・・・・それに、もし駄目だったとしても、テイマーになることは諦めない」 後半の言葉を言ったときのゼロの顔を見た孤児院長は、内心で「これなら大丈夫か」と考えていた

あなたも好きかも:パチスロ 政宗2
 例え周囲からお前には無理だと言われ続けても、ずっと諦めずに頑張ればなんとなかなる、なんてことは孤児院長は考えていない

あなたも好きかも:ハイスクールオブザデッド スロット ハマり
 世界はそこまで人に優しくないということは、十分にわかっている

 それでも、まずは前向きに考えられなければ、進むこともできないということも知っている

 多くの孤児を見て来た孤児院長は、お前には無理だと言われ続けて、それでも人がうらやむような地位に就いた者もいる

 そうした子供たちと、いまのゼロは、同じような顔になっていた

 だからこそゼロも大成するなんてことはまったく思っていないが、それでも孤児院長にとっては十分すぎるほどの答えだった

「そうか

それだったらあとはこっちに任せてもらえばいい

・・・・・・まずはこっちでも色々やることがあるから、少し時間がかかるからね」 いくら当人同士がいいといっても、今回考助が提案して来た内容は初めてのことすぎて、いろいろと根回しをしておく必要がある

 余計な揚げ足取りをされないためにも、時間を掛けて王家に対して説明をする必要はあるのだ

 もっとも、貴族たちは、普段はまったく孤児院のことなど気にも留めていないので、杞憂ともいえるのだが

 とはいえ、施設の維持に関する大金を出してもらっている以上、ある程度の説明は必要になって来るのだ

 まだ時間がかかると言われたゼロは、少し気が抜けたような顔になっていた