ベガ パチンコ 安城

ベガ パチンコ 安城

けれど、視線のほとんどはコノミへと向けられ、玉藻に驚く姿はいなかった

「見えないのか?」「妾のことならば、うむ、波長が合わなければまず見えまい

今の妾ははぐれの妖魔ではなく、天魔に近しいからのう

もちろん、妾が配慮をして、姿を消しておるのは事実じゃが――感じないか?」「あまり、そういう感じはしないな」「そうか……お主も一緒に隠しておるのじゃがのう

いや、一緒とは違うか

お主の〝一尾〟を同化させているようなものじゃから」「私の中には、玉藻と存在を近しくする、簡単に言えば玉藻の血が巡ってるから、それが契約の要になったのは、わかった

あなたも好きかも:青森市 スロット 優良店
いいか、たとえ話だ」「うむ」「たとえば、私がここで、命令を一つ下したとしよう

あなたも好きかも:バイオハザード6 スロット ステージ
ああ――口にしてみてもいいか?」「たとえ話じゃろ? それを真に受けるほど、妾は子供ではない」「そりゃ助かるね

じゃあ、たとえば、王国を潰せと私が言ったとしよう

あなたも好きかも:パチスロ 大工 の
できるかできないかは問題視せずに、玉藻としてはどう受け取る?」「そうじゃのう……もしも、それが使い魔的な従来の契約ならば、妾は一も二もなく頷くじゃろうな

頷くしかできん

じゃが、主従とはいえ、うむ、妾とコノミは〝対等〟であると考えれば、わかりやすいのかもしれんのう

その場合、まず妾には選択権が生まれる」「つまり、その命令を、受けるか否か――だな?」「そうとも」「判断基準はなんだ」「状況次第、気分次第なのだろうなあ……コウノ似だと妾は見ておるが、そもそもコノミは、そういった強引な命令はせんと、そう思っておるが、命令を拒絶したところで、お互いの関係は変わらぬよ

嫌だ、それで終いじゃ」「じゃあそれが契約に関係することだったら?」「――ふむ」「たとえば、今ここで契約を破棄したいと私が言ったとしよう」「嫌だと妾が突っぱねるじゃろうな」「それでもと願うのならば?」 わかっている