カジノ ロワイヤル op

カジノ ロワイヤル op

絶望していなけりゃ、他者を信じることができるっていうんなら、わざわざ、百万世界を統合して原初の静寂に戻す必要なんてねえだろ」 セツナは、ミエンディアが神理の鏡を展開し、破壊された世界の復元に力を消耗していく様を見つめながら、いった

「あんたほどの力があるなら、世界をより良い方向に導くことだってできるはずだ

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ デス
なのに、あんたは……」「いったはずですよ……わたしは、死してからの五百年間、イルス・ヴァレを見守り続けてきたと

そして、考え続けてきたのだと」「その結論が百万世界の統合なんだろ」「ええ、そうです」「あんたが死んだ後、統一されたはずの大陸が戦乱の時代に逆戻りし、どれだけ時を経ても闘争を繰り返しているから……だよな

あなたも好きかも:フェアリーグランプリ スロット 評価
だから、あんたは決断した

イルス・ヴァレだけでなく、百万世界のすべてを統合し、原初の静寂へと回帰させる、と」 そのとき、ミエンディアが殺到してきたのは、間違いなくセツナの凶行を止めるためだった

それは己の力が消耗させられることを恐れての行動などではない

純粋な正義感からであることは、疑う余地もなかった

 そうなのだ

 ミエンディアは、間違いなく勇者の資質を持っている

あなたも好きかも:ブック・オブ・ウィザード
 ならば、セツナはどうか

「それを絶望といわずして、なんていうんだよ」 傲岸に、不遜に、セツナは告げた

 それはまさに魔王と呼ぶに相応しい有り様であり、その事実は、セツナ自身にもはっきりとわかっていた

勇者になどなる必要はない

 ミエンディアを斃し、この長きに渡る戦いの連鎖に終止符を打つことができるのであれば、なんにだってなろう

 たとえそれが絶望に満ちた存在なのだとしても、構いはしない

 勇者を斃し、殺し、滅ぼす魔王となろう