花の慶次 スロット 設定

花の慶次 スロット 設定

「名を呼んでいいとは言っておらんぞ

魔女キャレラ」「キャレラ?」「魔女の名だ

一応元身内なんでな、知らんものでもなし」 セーブルさんが不思議そうに呼んだ名を、その名前を出した魔帝陛下がサラッと説明してくれた

私のキャルンって名前と何か似てるなあ

それもあるのか、魔女が私にこだわった理由

「元でもなんでも、身内なんて言わないで! お前は私にかしずいて帝国の全てを差し出すためにだけ、生きているんだから!」「……昔より妄言がひどくなっているな

内戦を起こしてでも、片付けておけばよかったか」 その魔女は、既に不敬どころじゃないセリフをぶっ放している

あなたも好きかも:バイオ ハザード 6 スロット 口コミ
対する魔帝陛下のセリフも大概だし……あの、せめて帝国の人しかいないところでそのやり取りはやってください

王国まで巻き込まれたくないけれど、既に巻き込まれているからなあ

あなたも好きかも:結婚 内祝い バカラ
 魔女にとっては、魔帝陛下も身内じゃなくて手駒……にしたかった存在、でしかないんだろう

やだなあ、こんな相手に目をつけられてたなんて

あなたも好きかも:はいふり スロット 天井
「昔、といいますと」「物心ついた頃からああだった、とは聞いている

会ったことがあるのはキャレラが十歳頃のことだったが、その時は俺の妃になるのだと言っていたな」 エンジェラ様が首を傾げる仕草は、とっても可愛らしい

魔帝陛下はその仕草に一瞬も惹かれることなく、サラリと答えを示す

うむ、ここでこの二人に何かあったら私はフランティス殿下に土下座せねばなるまい

それで済むかわからないけど

「受け入れなかったんですか?」「和解の象徴として、うちは乗り気だったのだがな

キャレラの父親、当時の向こうの当主が和解を拒んで、俺の暗殺を企んだ」「それでえ、破談ですかあ」「そういうことだ