ベルガラック カジノ 再開

ベルガラック カジノ 再開

 信じられない事だが、このベヒモス級が放ったブレスは、海軍の報告では地面を抉りながら沿岸部どころか沖にまで達し、凄まじい水蒸気爆発を引き起こしていたという

あなたも好きかも:長野市 パチンコ 求人
しかもその水蒸気爆発は、艦砲射撃のために移動していたジャック・ド・モレー級の全長304mの巨体が揺れる程だったらしい

あなたも好きかも:クールポコ パチンコ 一発告知
 これが何体も投入されれば、防衛ラインもろともタンプル搭を消滅させられるかもしれない

体内にある”核”を破壊する事ができれば容易く崩壊させる事ができるが、8mの厚さの外殻―――――疑似的な複合装甲として機能しているらしい―――――に守られている上に、その外殻の表面に超高圧の魔力を展開しており、物理的な攻撃の威力を強制的に半減させてしまうという

あなたも好きかも:実践 パチンコ店
 要するに、このベヒモス級の防御力は16mもの厚さの複合装甲に匹敵するという事だ

「どうぞ、同志団長」「どうも

………………んっ? エルザ?」 ことん、と円卓の上にティーカップを置いてくれたのは、メイド服に身を包んだホムンクルスのエルザだった

ちなみに彼女に名前を付けたのはカノンだという

「なんでしょう?」「カノンの専属のメイドじゃなかったのか?」「お嬢様からの命令です」 そう言いながら微笑んで、エルザはぺこりと頭を下げた

 おお、自我のなかったホムンクルスが笑った………………

 現代兵器を模倣して敵に対抗できるほどの学習能力があるからなのか、進化するのがやけに早い

エルザは会議に参加している円卓の騎士たちに微笑みながら紅茶を配り終えると、トレイを抱えてからぺこりと頭を下げ、会議室を後にする

 他のホムンクルスたちにも自我を与えたんだが、早くも個体差が生まれ始めたという

 研究区画で、自我を与えた後のホムンクルスたちの目の前に様々な味のクッキーを置いて、どのキック―を好むのか実験したのだ

すると、実験に参加した20体のホムンクルスたちは全く別々のクッキーを選んだのである

 つまり、あのホムンクルスたちにも”個体差”はちゃんとあるのだ

 彼女たちが人間に近付きつつあることを知って安堵しながら、俺は手元の伝声管の蓋を開く

タンプル搭では無線機だけではなく、このような伝声管も使用されているのである