パチスロ ロボット

パチスロ ロボット

  だけど、信じたいという気持ち

 舞地さんもそうだからこそ、余計な事は言わないのだろう

「名雲さんは?」「連絡が取れなくて、すぐ留守録になる

あなたも好きかも:スロット ガールズ&パンツァー ゾーン
映未は京都だし」「取りあえず、サトミに聞いてみる」 自分の端末を出して、サトミを呼び出す

「……私

あなたも好きかも:小樽 パチンコ 店 営業
またあの子から連絡があった

ただ名雲さんと池上さんがいないし、連絡がちょっと」「こっちでどうにかするわ

警察にも、それとなく伝えるから

ユウ、早まらないように舞地さんに伝えておいて」「うん」「ショウをそっちへ向かわせるから

くれぐれも、落ち着いてね」 通話を終え、私は端末をしまって舞地さんを見つめた

 物静かな、いつもと変わらない彼女

 きっと、そう振る舞っている彼女

 私の思い過ごしなどではなく

「まだ何かあったって、決まった訳じゃないから」「大丈夫、私は落ち着いている」「うん

ショウが来るから、アパートへ戻ろう」 警戒をしつつアパートへ入り、さっきは着ていなかったインナーのプロテクターを身に付ける

  ケイが斬られて以来、全ガーディアンに支給された物だ