サラリーマン スロット 立ち回り

サラリーマン スロット 立ち回り

 汗と泥を流して部屋に戻ると、アギトはなにやら大きなタオルと櫛を持って待ち構えていた

そうだ、これもすっかり当たり前の……「ほら、こっちこい

ドライヤーでもあればいいんだけどな……」「ドライ……? 今日は珍しく意味わかんないこといっぱい言うわね」 よし……自然な受け答えだった筈よ……っ

それにしても、アギトは前々からよくわからない単語を口にする時があった

それはきっと……彼の元々いた世界にある常識なんだろう

今まではそれを隠していたから出来るだけ出さない様にしていたのか

あなたも好きかも:宮城 岩沼 パチンコ
「…………しかし……うーむ

髪、短くなっちゃったからな

すぐに乾くし、すぐに整うな

あなたも好きかも:マリオ パチンコ店
こうしてる時のお前は大人しくて可愛らしいのに……」「っ⁈ か……かわ…………な、なによ

普段は可愛くないっていうの?」 なんでこの男は…………っ

いや、これも今まで普通のやりとりだった

好きとか可愛いとか、アギトは当たり前に私にそんな言葉を掛けてくれていた

ただ……それが妹としてであることが歯痒くて仕方がない

もしかしたら私が最初にするべきは、この可愛いと言う言葉を減らすことなのかも……「バカだなぁ、普段からかわいいに決まってるだろ

よーしよしよし」「っ⁉︎ やめっ…………この……子供扱い…………あううぅ……」 よーしよしよし…………って……これじゃ妹ってより犬か猫じゃない……はぁ

もしかして…………もしかして私はとてつもなく大きな壁を自分で建ててしまったのか……? 家族、兄妹の枠はおろか、まさか私はアギトにとって愛玩動物レベルなのではないのか……? ああ……頭が痛くなって…………なって…………えへへ、頭撫でられるのやっぱり気持ちい…………じゃなくて!「っし、じゃあもう寝るぞ

ただでさえお前は朝起きないんだから」「そ、そんなこと…………ね、ねえ……本当にもう寝る……の……?」 寝ます