ウルトラセブン スロット 超 降臨

ウルトラセブン スロット 超 降臨

 それだけあの男の存在は絶大ということだろう

「おかげで私達はこっちで雑務任務をこなしつつって感じなの」 不満げな言葉を漏らす

だが、聞いているとこの不満は仕事だけではなさそうだ

あなたも好きかも:パチスロ パトレイバー 北電子
「……もしかしてバークとあんまり話できてない?」「――なっ!? べ、別にそんなことないわよ

あなたも好きかも:ロシアルーブル 円
む、むしろせいせいしたって言うか……まあ、ちょっとは……気にもなるけど……」 ナタルさん、これが本場のツンデレというやつです

 べ、別に気にしてないんだからね! みたいな言い回しに、一同苦笑い

あなたも好きかも:abc パチンコ 浜北
「あん! でもでも、そんな頑張ってる彼の横顔も素敵……みたいなぁ〜」「そんな危なげな彼に献身的に尽くしたい〜みたいな?」 初対面の先輩方も構わずに、ツンデレさんを揶揄(からか)うように攻撃

 図星を突かれたようで、一気に赤面するサニラは思わず――、「――そんなことないわよっ!! あんな奴っ!! ――ていうかあんた達誰よ!!」 最後のツッコミはごもっとも

ただ前者は強がりだろう

 気を失っていたバークに駆け寄り、あれだけ自制心を崩せば、否応にでもわかる

 先輩方は軽く自己紹介を済ませると、俺達にやっているように、面白がりながら問い詰める

「そのバークって子が気になって気になってしょうがないんだよね?」「強がっちゃってぇ〜

可愛い〜」「あの、そろそろやめた方が……」 今にも噴火しそうなくらい頭から湯気を出すサニラはついに――、「――うるさああああーーいっ!!!!」 大噴火を起こした

「あああ、あんた達ね! いい加減にしなさいよっ!! 人をおちょくるのも大概にしないと……」 凄い魔力がサニラに集まっていくのがわかる

「――わああっ!? ストップ! ストップ!」 その場の全員でサニラを鎮める――

「――まったく……」 とりあえずあの場を収束