パチンコ エヴァ 12

パチンコ エヴァ 12

 理解した

 僕の精神力では、絶対に奴隷の問題には打ち克てない

 それが、いま、完全に証明された

 僕は二度と奴隷市場には来ないことを心に誓い、マリアの冷たい手を引きながら帰路を歩いていった

奴隷市場でパリンクロンと別れたあと、僕とマリアは新居まで帰ってきた

あなたも好きかも:パチスロ 化物語 天井
 帰ってきて、まず行ったのは家にある浴槽の確認だ

あなたも好きかも:イヤホンコンバーター スロット
 この家の浴槽は魔石をふんだんに使ったもので、屋外から伸びる『魔石線(ライン)』から熱を供給しているらしい

ただ、熱を使えば、もちろんお金はあとで請求される

 僕の魔力を通して、浴槽に溜めた水をお湯に変えていく

 マリアは奴隷市場でいくらか小奇麗にされているものの、一般人と比べればまだ汚い

なので、彼女に浴槽に浸かることを促す

「えっと……

あなたも好きかも:pso2 カジノ 連打放置
お湯があるから、お風呂に入ってくれないかな? 適当に綺麗になってくれればいいから」「お風呂、ですか……?」 マリアは不思議そうに浴槽を見る

「お風呂を知らないの?」「はい」「水浴びだよ

お風呂は水が温かくて、それで身体を綺麗にするんだよ」「……はぁ

なるほど、わかりました」 一言ずつ答えを返し、のそのそと浴槽に入るための準備を始めた

 マリアは最低限の発言しかしない

興味を持たれてはいるが、警戒もされているといったところだろう