2017 バカラ

2017 バカラ

 こうしてジンライはランクS基準の実力をふたつ得たためにランクSSの資格を得た

「ここまでが長かった

ようやくワシはワシを取り戻した気分だ」「まあ、ここ最近は主にポッポさんが大変だったんだけどね」 ジンライの言葉に、風音がそう答えた

 ちなみにランクSはギルドマスター三名の承認が必要であったがSSは五名必要となる

五カ国の冒険者ギルドのマスターからそれらの承認を得るには距離の問題もあり、一年程度はかかるだろうと誰もが考えた

あなたも好きかも:ガルパン パチスロ 曲
ルネイもそのつもりであった

 ところがだ

あなたも好きかも:パチンコ 感想 まとめ
ジンライはそんなに長く待つつもりはなかった

そしてジンライが目を付けたはカイザーサンダーバードのポッポさんである

 まずは風音のメールを使ってユウコ女王に連絡し証明書を作成してもらい、それをポッポさんに届けさせてミンシアナ王国、ハイヴァーン王国、ツヴァーラ王国、リンドー王国、トゥーレ王国と白き一団と馴染みの深い国々のギルドマスター承認を次々と得ていった

あなたも好きかも:youtube スロット
なお、それぞれの国でカイザーサンダーバードが出現した際に大騒ぎになってはいたのだが、それは実際に目撃していない風音たちには分からぬことだしポッポさんも黙して語らぬ(言葉を話せないだけである)ために風音たちには当然知られていない事実である

 また、リンドー王国のギルドマスターはただひとり承認をすることを渋っていたのだが、それに対してジンライは帰還の楔(リターナーズ・ステイカー)の刻印入りの風音ちゃん人形をポッポさんに運ばせて、自ら転移しギルドマスターに直談判をして承認をもぎ取っていた

 付き合わされた直樹は、その時のギルドマスターの困り果てた顔が今でも忘れられないようである

そもそも六十近いのジジイじゃなかったのかよ的な顔だったという

 そんなわけですべてをクリアしたジンライは本日、晴れてランクSS冒険者という偉業を達成したのである