パチンコ ピア1000

パチンコ ピア1000

(11才ながらにして"自分の淡い恋"より、好きになりかけ人の、より良い生活を望むか)ここまでの気の回り具合に、シュトは何となく舌を巻く気持ちになる

そしてそんなリリィの気持ちを、無駄にしない為に"支度をしておかされた嘘"をシュトは口にする

あなたも好きかも:リゼロ スロット 体操 曲
「リリィお嬢ちゃん、実はさ、エリファス師匠

凄く好きな人とロブロウってわけじゃないんだけど、この領地の近辺で添い遂げる、結婚するらしいんだ」『嘘をつくのなら、本の少し"真実"を滲ませなさい

あなたも好きかも:グラブル カジノ 照合
そうすると、造形を創りやすくなり、相手も信じてくれやすくなるから』エリファスの"真実"を魔法鏡越しにアプリコット、シュト、ネェツアークで確認した後、鳶色の賢者は、今のシュトの様子を予見していたかの様にそんな言葉を囁いていた

儀式と弔いをするならば、そしてそれに参加する人の配置をしたならば

あなたも好きかも:スロットマシン 目押し
代替わりした傭兵の用心棒は、真実を知ったのならロブロウという地を離れる事は、ネェツアークにとっては想定内

そして自分の護衛騎士と仲良くなった、傭兵の少年が辞める事を共に伝える事も

(賢者さんは"ぬいぐるみ"の頃から、薄々アトにはロブロウが合わないと、思っていたのかもしれないな)見抜いているといる事を含めて、アトとシュトの為に王都で暮らす事を"奨《すす》め"られているような気もシュトはしてきた

(それも含めて"真実"と嘘かなのかもな)そして今一度、最後に気持ちを確認させるかのように、リリィから尋ねられ"嘘"まで設えさせて、賢者が作った道をまた歩かされている事に気がつく

「エリファスさん、そんな方がいらしゃったんですか?!」鈴なるようなリリィの声で、シュトは現実に引き戻された

振り返って見れば、輝くような好奇心の色に染まった緑色の瞳で、リリィはシュトを見上げている

リリィの好奇心の瞳は、とても澄んでいてシュトに嫌な気持ちにさせない

今自分がする事は、この好奇心を何とか納めてリリィを安全な場所に避難させる事だとも、思い出させる