スロット パトレイバー 天井

スロット パトレイバー 天井

そしてそのまま両腕それぞれに俺と山根の手を握り東塔に接続されているチューブの中を足早に急ぎだした

「すいません

時間が無いもので」 「……もしかして、俺が一日居なくて色々と……」 「はは……まあ、何とかなりますよ」アルデハイトははっきりと答えずに苦笑いで誤魔化す

あなたも好きかも:パチンコ セブンスター ブログ
山根は「但馬のせいで苦労してる人、一名はっけーん」と俺にニヤついた顔を向けてくる

そのまま衛兵たちに敬礼されながら、東塔を降りていき アルデハイトは最短ルートを通って、城内中心部の大会議室へとたどり着き俺たちの手を離すと大きな扉を両手で勢い良く開けた

中には一筋縄ではいかない顔つきをした中年や老年の男女が百人以上 座って待っていた

あなたも好きかも:パチンコ 天井とは
一部を除いてほぼ全員、良い身なりをしていて金があるのは一目で分かる

これが結婚式に招待された賓客たちなんだなと俺は理解した

一斉にこちらへと頭を下げてくる賓客たちの中で一番最初に声をかけてきたのは扉の近くに座るヨレヨレの茶色いスーツを着た頭の禿げ上がった、小柄なドン・キャブラグだった

綺麗な身なりの周囲の中、完全に浮いているが それがドンのスタイルなのだろう

「おーいタジマ様ー!ひさしぶりじゃねぇか!!元気にしてたかよ!!」ドンは駆け寄ってきて、アルデハイトを押しのけて俺の両肩をバンバンと叩く

「う、うん……ドンさんも元気そうで何より……」 「こいつがなー」とアルデハイトを見て、目を細めながら「全然話にならねぇんだよ

うちの市の扱いとかさー

 ほら、鶴の一声で何とかしてくんねぇかな?」 「今、ここで?」 「そう

今ここで」 「してあげたら?但馬が一番偉いんでしょ?」 山根が適当に話しに入ってくる

そもそも何をしたらいいのか

具体的にドンは何が不満なのか今の話からは何も見えてこない